リサイクルは本当に環境に優しいのか

>

汚れがひどい靴下やワイシャツ、ブラウス

洗濯機に入れる前に固形石鹸をこすりつけて手で汚れをもみ出すと良いと思います。
注意点としては石鹸で洗濯すると石鹸カスが出る事です。水に含まれるマグネシウムやカルシウムと石鹸が結びつくのです。
石鹸カスは黒カビの原因になります。
なるべく出さない為には石鹸を使い過ぎない事です。
事前に泡立ててから入れる事でカスが残りにくくなります。
普段何気なく行っている掃除や洗濯などが環境に深く結びついています。
工場からも家庭からも有害物質が出ています。
商品を買う時、サービスを利用するときに価格や品質とともに環境に優しいのかの視点も忘れずにいて欲しいです。
一番危険なものは防虫剤です。
パラジクロロベンゼンという発がん性のある防虫剤が売られています。
次に危険なものは合成洗剤やシャンプー、化粧品などに含まれているオキシエチレンです。
購入する時に良くチェツクして下さい。
このまま地球が壊れていけば自分の首を絞めていきます。

ゴミを減らすには

たくさんの物に囲まれて暮らしています。
全て地球の大事な資源を元に作られています。
いらなくなるとゴミになります。
日本だけで見ると1年間で家庭や企業で出るゴミは4300万トンと言われています。
毎日一人当たりで計算すると900g以上のゴミを出しています。
ゴミは様々な種類が有ります。
普段の生活で出る一般廃棄物です。
これは自治体が回収して処理しています。
工場や病院など取り扱いに注意が必要なゴミが有ります。産業廃棄物です。
法律で特別に決められた20種類のゴミは専門のゴミ処理業者が回収します。
産業廃棄物は年間3億トン以上排出されています。
特に汚泥など下水や排水の底にたまるゴミが最も多いです。
他には動物の糞尿、建設現場から出る瓦礫などが多いです。


牛乳パック回収はリサイクルに向いているのか

この記事をシェアする